通常のタバコと電子タバコの違い

今や、昔に比べ、世界中で禁煙促進活動が行われております。その一つとして、電子タバコが中国で初めて開発されました。電気でリキッド(液体)を熱し、煙のようなミストを発生させ、それを吸って味わいを楽しむという嗜好品です。また、通常のタバコは、百害あって一利なしと言われるぐらい、寿命を短くしたり、様々な病気を促進したりしますが、依存率は最も高いと言われております。その点、電子タバコには、害はほぼありません。しかし、依存率も通常のタバコに比べるとかなり落ちます。現在、世界中で普及が進んでおり、特に、アメリカの若者の間では、かなりの普及が進んでおります。しかし、日本においては、なかなか普及が進んでおりません。やはり日本人の場合は、通常のタバコを電子タバコに代替するよりも禁煙に挑戦する方が成功しそうですね。

電子タバコは、禁煙したい方に選ばれています。

電子タバコは、禁煙したい方に選ばれています。なぜなら本体さえ買えば、手入れが楽だからです。予めリキッドを購入しておけば、いつでも吸うことができます。タバコの味を再現した外国産リキッドを吸えば、継続的な禁煙を実現できます。また悪臭・吸い殻の発生はほぼ皆無なので、反対する方は少ないです。健康面では電子タバコの方が圧倒的に良くなっています。リキッドの種類は豊富で、ブレンドも楽しめます。そのため趣味に繋がりやすく、禁煙だけではなく生き甲斐作りもできます。最近では禁煙に成功した方が、ブログでオリジナルリキッドのレシピを公開しています。そして希少な商品は、通販サイト・オークションサイトで簡単に見つかります。極上の甘さを楽しめるリキッド・吸いやすい電子のタバコなど禁煙に特化した商品もあります。ただ売り切れやすい傾向が強いです。

多くの方に買われている電子タバコを教えます。

現在軽い電子タバコが多くの方に買われています。特に女性の方がよく購入しており、デザインはオシャレになっています。吸う時は重くないので、ストレスを感じずに吸うことも可能です。ただ子供が玩具と勘違いするので保管場所には気をつけましょう。しかもケース内で充電できるため、旅行先や出張先にも持って行けます。ポケットに入れる方が圧倒的に多いですが、ポケットだと落としやすいのでカバンに入れた方が安全です。またカラーバリエーションが多いタイプも多くの方に買われています。どの色彩も芸術品レベルなので、集める方も多いです。このタイプは煙の量が多く、雰囲気を出したい場合にも使えます。その上操作・手入れも楽なので初心者にもおススメです。1番の魅力は耐久性とバッテリーの残量が分かることです。高額商品は、使い方が難しい面もあり慣れてから買った方がいいでしょう。

  • Pocket
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す




*

Menu

HOME

TOP